子供の脳を育てる取り組み

自分で着替えられるようになる

自分で着替える意識を持たせる

ある程度子供が大きくなったら、自分で着替えさせてください。
自主性を育てましょう。
しかし着替えにくい服では、なかなか1人で着替えられないので子供が嫌になってしまいます。
子供服をチェックして、マジックテープが付いていたら子供に着させてください。
マジックテープは、簡単に留めたり外したりできます。

幼い子供でも1人で着替えられるでしょうし、指先を使うので脳を鍛えることに繋がります。
最初はうまくできないかもしれませんが、練習すれば着替えられるようになります。
親は手伝ってあげたいかもしれませんが、それでは子供が成長しません。
黙って見守ることが大事です。
マジックテープが付いているオモチャもあるので、遊びながら練習させましょう。

少しずつ難易度を高めよう

マジックテープが付いている服をうまく着られるようになったら、次はボタンが付いている服に挑戦させてください。
難易度を少しずつ高めることで、子供を成長させられます。
ボタンは、マジックテープよりも複雑な作業なので遥かに難しいですが、指先を使うので子供の成長に欠かせません。
親がやってあげるのはおすすめできませんが、どうしても子供ができなくて困っていたら、隣でお手本を見せてあげるのが良い方法です。

近くでお手本を見れば、どうすればうまくボタンを外したり付けたりできるのか理解できるかもしれません。
親子で遊びながら、たくさん練習してください。
ボタンの練習は、子供が1人で取り組んでいると飽きてしまう可能性があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る