子供の脳を育てる取り組み

オモチャを購入しよう

本物のカギを使わせないよう注意

カギに興味を持っていたら、必ずオモチャのカギを与えてください。
本物のカギで遊ばせると、子供が失くす危険性があります。
また、カギは本来どのような時に使うのかきちんと教えてください。
すると子供は、カギの正しい使い方も覚えることができます。
カギを使うことで指先はもちろん、手首も動かすことができます。
すると巧緻性が発達するでしょう。

子供は、カギに興味を持つことが多いです。
ですからオモチャを扱っているお店に行くと、カギのオモチャがたくさん販売されています。
それなら遊びに使っても問題ありません。
うまくカギを開けられると、達成感を得られます。
おままごとなどをしている時に、カギを開ける作業を加えるのもおすすめです。

考える能力が発達する

ただカギを入れるだけでは、空けることはできません。
うまく組み合わせることで、カギが開く仕組みになっています。
子供に考えさせながら、カギのオモチャで遊ばせましょう。
子供がわからない時に、親がすぐ答えを教えていると、子供は自分で考える能力を失います。
カギで遊ばせることによって、指先を使いながら頭も使うことができます。

すると成長してからも、わからないことがあると最初に自分で考えるようになります。
何でも人に答えを聞いていると、自分が成長できません。
考えることを子供に覚えさせましょう。
カギのオモチャを使っていれば、楽しく考えることができるので飽きません。
そのため、遊びながら学習することは非常に大事です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る