家庭で出来る脳の発達を促す指先を使った遊び

子供の脳を育てる取り組み

子供におすすめの手遊びとは

興味を持っているものがあったら、積極的にやらせてください。 何でもダメだと言っていると、何もできない子供になってしまいます。 特に指先を使う作業は、子供に良い影響を与えます。 ファスナーは子供が興味を持ちやすいので、指先を使わせたいなら見せてみましょう。

積極的に挑戦させよう

子供は、指先を使う作業に興味を持つことが多いです。
特に洋服のファスナーに、興味を持つ子供がいます。
意味もなくファスナーを開け閉めしているかもしれませんが、悪いことではないのでやめさせないでください、
むしろ指先をうまく使ってファスナーを開け閉めすることは、子供の脳を育てることに繋がります。
ファスナーの開け閉めに夢中になっていたら、そのままにしておきましょう。
脳を鍛えるとともに、集中力を身に付けることもできます。

カギに興味を持つ子供も見られます。
家を出る時に、カギを閉める大人が大半でしょう。
子供は、大人のしていることに興味を持ちます。
しかし自宅のカギは、とても大切なものなので遊びに使わせるわけにはいきません。
カギに興味を持っている子供のために、オモチャのカギが登場しています。
それなら、遊びに使っても良いでしょう。
カギを入れるだけでは、開けることはできません。
どうすればカギを外せるのか、よく考えさせてください。

手先を使わせるために、マジックテープが付いている服を子供に着せるのがおすすめです。
まだうまく指先を使えない子供でも、マジックテープなら取ったり付けたりできます。
自分で服を着られるようになるので積極的に着替えてくれるでしょう。
達成感を味わわせることもできます。
そのように、日常生活の中に指先を使うチャンスがたくさんあります。
遊び間隔で指先を使わせると、子供に無理をさせないのでおすすめです。

オモチャを購入しよう

子供に、オモチャに使って良いものといけないものをきちんと覚えさせてください。 ファスナーは特に問題がありませんが、カギはとても大切なものです。 遊んで失くしたら大変なので、オモチャに使わせないでください。 カギに興味を持っていたら、オモチャのカギを与えましょう。

自分で着替えられるようになる

マジックテープが付いている服を着せると、子供が1人で着替えることができます。 指先を使うので、脳を鍛えることにも繋がります。 マジックテープは、最も簡単な留め具だと言われているので、最初はボタンではなくマジックテープが付いている服を選択しましょう。

TOPへ戻る